白髪染め 簡単

白髪染めは簡単なので、ぜひ自分でやりましょう

白髪染めって大変ですよね。2週間で生え際が伸びてくるので、その度に美容室に行くには、お金がとてもかかりますよね。でも自分で染めると、前髪は黒く、ネープは染まらずとむらが出来てしまい、なかなかきれいに染まりません。でも、髪を知り、コツが分かると、とても簡単なので、ぜひ染めてみましょう。

 

短い 白髪って染めるのが難しそう?って思いますが、コツさえ掴めば簡単です!

 

まず、知ってほしいのは、髪の太さが場所によって違うという事です。自分で染めるとトップや生え際から染め始め、ネープで染め終わる。それではむらに染めあがってしまいます。誰でも、ネープ、こめかみからもみあげにかけて、耳回りの毛が太めに生えていて、染まりづらくなっています。なので、そこから染め始めなければなりません。次は中位の太さのトップ部分を染めます。最後に一番細い前髪部分を染めます。前髪は全体と比べると、細くなっていて、染まりやすくなっています。順番を変える事で全体に同じ色に染まります。こめかみからもみあげにかけては、毛が太いプラス生え方が上に生えていますので、残った薬剤をもう一度つけましょう。その部分にラップをはると、なお良いでしょう。

 

次は染め残しです。美容室に来店した多くの方が染め残している場所は耳の後ろです。右ききの方は特に、左側が多く染め残っています。ですから、そこの部分のチェックを丁寧にすると良いでしょう。はけなどでぬった後、耳の後ろだけもみ込むといいと思います。

 

塗布が終わったら、時間を置きましょう。カラー剤の特徴として、だいたい15分前後まで、脱色効果が働いて、そこから15分ほどは色味が入ります。時間を置けば置くほど良いと思っている方が多いようですが、30分を超えると傷みに変わってしまいます。ですから、30分以上は絶対に置かないほうがいいです。

 

色選びも重要です。ものによって違いはありますが、たいてい数字が低いものが黒く、数字が高くなると、明るいものになります。4や5レベルのものは黒めです。8レベルだと明るめです。白髪が染まるのは8レベルまでといわれています。

 

これを知り、白髪染めをすると、あまり失敗なく出来ると思います。
ぜひ、お試しください。

白髪染めは簡単なので、ぜひ自分でやりましょう関連ページ

白髪染め人気の素手で使えるのはこちら!
白髪染め人気の素手で使えるタイプの白髪染めや色々な体験談についてご紹介します!